株式会社アルメディア・ネットワーク
Tel
Access
Mail

Feature特集

働き易い職場環境の実現

働き易い職場環境の実現
当社は、平成28年度大阪市女性活躍リーディングカンパニー 優秀企業に選ばれ、平成29年3月3日に、吉村洋文 大阪市長より優秀企業の表彰状を授与されました。また、平成28年9月15日付けで、大阪府の「男女いきいき・大阪元気宣言事業者顕彰制度」の「男女いきいき・元気宣言事業者」にも登録をされました。これら行政の認証や登録制度の趣旨に沿って、独りよがりに陥らない“働き易さ”の実現を心掛けています。
また、当社は、IT業界の団体に複数加盟しています。各団体のメンバー会社との情報交換、パートナー会社としての連携による協業など、一社では取り組むのが困難な分野へも能動的に事業を展開できるよう努めています。
社内環境

“Ruby”への積極的な取組み

“Ruby”への積極的な取組み
当社は、電機・通信・素材・金融・保険などの企業や自治体向けのシステムを、JAVA,Ruby,PHP,VB,Cなどの様々な言語で開発した豊富な経験があります。一方で、システムの適用分野に合わせた新しい開発環境にも力を注いでいます。その取り組みの一例として、Made in Japanのオブジェクト指向スクリプト言語Rubyを用いたシステム開発力の向上とRuby業務の拡大を使命とするR&D事業部を平成29年4月1日に設立しました。当社には17名のRuby有資格者が在籍していますが、Rubyの開発業務に関するより実践的なスキルをもった技術者の養成が、R&D事業部の重要な役割と位置付けています。
また、当社はRubyビジネス推進協議会に参加し、産学共同のRuby普及活動やRubyビジネス案件の創出・拡充にも努めています。今後の伸びる技術/伸ばせる技術を見極めるに当たって、Rubyへの取組みに関する経験やノウハウを活かしていきます。
※R&DはResearch and Developmentの省略表記です。
重点施策

心技共に優れたIT技術者の養成

心技共に優れたIT技術者の養成
当社は、創業以来14年連続で新卒採用を行い、人間性・技術力ともに優れたIT技術者を育成しつつ、売上げを拡大してきました。内定者は卒業前の10月から入社前の翌年3月にかけて、社会人マナーやコミュニケーション研修、技術研修を受講します。この研修には1年先輩の新入社員も参加しており、実務経験者と未経験者が共同で研修することによって生み出される相乗効果が大きな特徴となっています。また、社員が自主的に立ち上げて勉強会を支援し、業務に関係する資格取得を奨励しています。
まだまだ若い社員が多いこともあり、社員が入社後に歩んで行って欲しい将来像(入社後3年、6年、10年時点で期待する姿)を会社における「キャリアアッププラン」として提示をしています。社員一人ひとりがキャリアアッププランに沿った目標を達成できるよう、半年毎に上司との面談を実施し、目標の達成度や課題への取組み等を上司と本人の間で共有する「フィードバックシステム」も運用しています。
人材育成